転落する人生 一寸先は闇 なんでこうなった?必死に這い上がろうともがく日々

スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


お帰りの際はポチっとお願いします☆ランキングに反映されます
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル日記へ     
しばらく休みたい・・・
2016年05月13日 (金) | 編集 |
職業訓練校を退所
そして派遣社員として働き始めていた


一度は辞めたいといった派遣の仕事を
なんだかんだで続けていた


新たに配属されたラインは
主婦層メインのラインで
4時ぐらいにはラインが止まるのである

私は毎日その後
他のラインの手伝いをするという
特殊な立ち位置にいた

それが精神的に辛いものがあった

今日はどこのラインに行くのだろう?
何の作業をするのだろう?

残業はあるのだろうか??
毎日が落ち着かなかった

精神的に疲労していく


そして、思う
私には、まだ残業が出来るほど
体力面、精神面ともに完璧じゃない

残業が続くと
いっきに心身ともにボロボロになった

そう感じていた時
契約更新の月に近づいてきていた

だが、まったく更新の手続きがおこなわれなかった

あぁ、一度辞めたいと派遣会社や派遣先にも言ってしまっていたので
もう更新はないんだと思った

もう、長く続けていける余裕はなくなっていた
丁度、いいタイミングだと思った


こちらから担当営業に聞いても
よかったのだが
もう辞めたかったのだ

そして、派遣の雇用期間も
残すところ後3日になった時


派遣先の部長さんに呼ばれた
「○○君(私の名前)は来月の更新どうなっているの?」

「え?いや派遣会社からは何の連絡もないので
期間満了になるんだと思っていますけど・・・?」

「うん?!連絡いってない?更新のお願いしているんだけど・・・?」

「え・・・そうなんですか??」

その日の夜、派遣会社の営業から
連絡があった

更新の手続きしてほしいということだ

私の気持ちはもう少し頑張れば
終われる楽になれると思って仕事をしていた

そんな直前まで言ってくれないものなのか?とも思った
少し、返事を渋っていたら

「もう次の仕事とか決まってます??」

「あぁ、そうですね・・・少ししたい事があるんで・・・
期間満了でお願いします・・・」

本当はもう休息したかっただけだ

約3ヶ月働いて思ったのは
週5日、8時間勤務がどうやら
今の私の働ける限界ラインだな・・・ということ

また、しばらく長い引きこもり生活に戻ってしまうことになる
39歳の秋

40歳編へ→
スポンサーサイト


お帰りの際はポチっとお願いします☆ランキングに反映されます
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル日記へ     
心はもろく
2016年04月24日 (日) | 編集 |
職業訓練校を退所し
派遣会社から派遣社員として
仕事をはじめることになった

情緒不安定が止まらない状況でだ

早く働いて少しでもお金を稼がないとダメだとの
思いが頭から離れなくなっていた


派遣先の仕事内容は、
以前、デザインの仕事を辞め
品質保証の仕事に就職するまでの間
繋ぎで半年ほどやっていた
関連会社の仕事なので
なんとなく仕事内容はイメージ出来ていた

が、とにかくメンタルが弱っていた

はじめの話しでは1人で作業するはずだったのが、
配属されたところは
現場の中でも数少ない2人ペアで作業する場所だった

やはりというか
上手くいかない・・・

ほんの少しの言葉に
心が折れる

人から何か
ちょっとしたことを言われることを
流せない

真に受けてしまう

前は出来ていたような仕事内容なのに・・・
そして落ち込む

吐き気がしてダメになる

いつもの悪循環になってしまった
自分は人と接するのが向いていないのか?

1週間で限界がきた
派遣会社の営業に
仕事が合わないといって辞めたい主旨を説明する

すると営業から派遣先へ連絡をしたみたいで
部署異動することを提案してきた

「今度は一人で作業するところですから」

辞めたい理由をペアでするのが合わないと
言ってしまっていたので
メンタルはぼろぼろだったが
3日間ほど休んでから
次の部署で働くことになった


最初の1週間はメンタルも体力面も
ぼろぼろだったが、
もくもくと作業しながら
なんとか耐えていた

やはりというか
気付けば仕事はこなせるようになっていた

ミスなくやれば注意されたりせずに、
メンタルを乱すことなく仕事が出来ていたからだ


ただ、配属された場所は
主婦層がメインのパートさんのラインで
3時、4時にはラインが止まり
その後、
私は毎日どこかのラインの手伝いに
途中から入るという特殊な立ち位置にいたのだ


お帰りの際はポチっとお願いします☆ランキングに反映されます
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル日記へ     
職業訓練を挫折
2016年04月22日 (金) | 編集 |
約6ヶ月の職業訓練

Auto CADの授業が終わり
機械操作の実習に入ってから
モチベーションが一気に下がっていた

実習の講師として教えていただく先生は
元某大手の機械工をしていた方だ

実習は座学のときのような丁寧な指導はなく
昔ながらの体育会系の指導だ

機械を扱うので怪我をする可能性もあり
厳しく指導するのはわかるのだが、

どうしても怒鳴りつけたり
上から指導されるのが苦手だ

また、品質保証の会社で
うつ病になってしまった時の思いが
フラッシュバックする

その時の感情と重なり
徐々にメンタルが弱ってしまっていった

それに加えて疲労感もますます
酷くなっていた

それでも踏ん張って実習を受けていた

なんとか機械実習の訓練を終えたのだが
すでにメンタルはぼろぼろになっていた

機械操作で製品を加工するのが
上手くならないまま修了してしまったので、
苦手意識が出来てしまった

そして次にNC機械のプログラミングの講義が始まった

訓練はすごいスピードで色んな事を
どんどん詰め込んでいく

その頃もう
限界が来ていたのかもしれない

こういう仕事は私には向いていないんじゃないかと
思い込んでしまっていた

残り、3次元CADの講義を残すところで
初めて休んでしまった

もう、何のために授業にいっているのか
目標がよくわからなくなってしまっていた

一度、休むと授業に全くついていけなくなってしまっていた
悪循環・・・

もう頭の片隅には職業訓練校を退所しようと考えていた
こんなこと覚えても意味があるのか?

当初は毎日、規則正しい生活をして
上手くいけば就職を目指そうという目標も見失っていた

嫌で嫌で吐きそうになっていた
何をしても長続きしない自分自身にも嫌気が差していた

しばらく職業訓練校を休んだ
先生から連絡があり
退所の手続きに行くことになった

色々、理由を聞かれた
それまで一度も遅刻や欠席などなく
まじめに授業に出て勉強していたのに
何故?!っという感じだった

そのころ私は
派遣会社に登録し組立工場の仕事を始めようと考えていた
自分でも
もう訳が分からなくなってしまっていた

本来なら職業訓練校の修了の月に
派遣の仕事を始める事になった


お帰りの際はポチっとお願いします☆ランキングに反映されます
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル日記へ     
眠気が取れない
2016年02月14日 (日) | 編集 |
職業訓練校に通い始め
毎日、休まず講義を受けていた

授業は勉強してみたかったCADだ
今まで手描きの製図でかなり苦労してたのが
ウソのように手軽にできた

機械製図の基本を覚えておかないといけないのだが、
操作などは以前、デザインでDTPをしていたので
なんとなく感覚で出来た

しかし、うすうすだがこれでは
CADオペレータを意味も分からず
トレースするぐらいしか出来ないかもと・・・

機械製図がとにかく苦手であった
なかなか理解できなかった

そして、相変らず
とにかく眠いのだ
職業訓練校に通う前から眠かったのだが
少し変な眠気が毎日おそってくる

そして、実際の機械を使う
機械操作の実習に入ろうとしていた

この頃、疲労感より眠気の方が
強く毎日たえるのが必至だった

心療内科のN先生に相談してみた
詳しくは都会の病院で検査してみないと分からないと言われたが
ナルコレプシーかもしれないと言われた

「ナルコレプシー?」

なんでも強い眠気におそわれ、
眠り込んでしまう病気という

そこまで酷くはないが、
日常生活に支障が出ているのは確かだった

夜もしっかり睡眠をとっているのに眠いので、
日中の眠気をおさえる薬を
試してみることになった

しかしこの薬
私には副作用が酷く
めまい、吐き気がし気分が悪くなってしまうのだ

たしかに飲んだ日は眠気はなくなっているような気はした
5日ほど我慢して飲んだのだが
気分が余計に悪化してしまうので止めた

専門家に診てもらうか迷ったが
保険適用外だったので
帰って少し寝たらなんとかやっていけるかもしれないので
しばらく様子をみることにした

しかし、相変らず疲労感は続いていた

職業訓練校の方も
機械操作の実習に入り
真夏の暑い中
汗だくになりながら勉強していた

機械を使った細かい作業が
まったく出来ず失敗ばかりで上手く出来なかった

そのうち怪我をしてしまいそうな気がした
少しずつだが自分には向いていないんじゃないかと
思うようになっていた

体力をつかう実習になってから
疲労感がますます酷くなっていった
回復する時間がなくどんどん疲労していく

自分の予定では
3、4ヶ月もすれば
生活になれて体力もついて
疲労感や眠気がなくなっているんじゃないかと思っていたが、

でも、まったく変わっていなかった・・・

相変らず、耐えているだけだった
そのうち徐々にだがメンタル面が崩れてきた


お帰りの際はポチっとお願いします☆ランキングに反映されます
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル日記へ     
職業訓練校-2
2016年02月11日 (木) | 編集 |
職業訓練校の面接で
まったく手ごたえがなく次をどうするかを考えていた

しかし、不合格だと思っていた職業訓練校から
合格の封書が来た

入所式へと行く事になった

ちょうど4月からのスタートだ
ここから半年間、職業訓練校での勉強がはじまる

久しぶりに学校という感じに
緊張する

説明会や試験、面接で見た人もチラホラいた

なんとなくだが、皆、年下の方が多い気がした
と、いうか私より年上がいないかも?と思っていた

しばらくしてから分かったのだが
1つ上の方が1人だけいて
私は2番目に年上だった

30歳前後ぐらいと思われていたので
そのままにしておいた

あまり気を使われるのもいやだからだ

それと色んな経歴の人たちばかりいた
超有名大学の医学部を卒業している人もいた

他にいくらでも仕事が見つかりそうな気もしたが
そうでもないのか?

契約社員から正社員になれないから勉強しに来た人
あきらかに給付金目当ての人
本気で就職を探している人

いろんな人が居るなか
意外にも1年以上ブランクがあいている人が多かったのだ
理由は人それぞれあるのだろう

もし、ブランクがあり社会復帰するのに苦労している人がいたら
役に立つ職業訓練校からの
復帰ならありなんじゃないかと思うのだ

面接でも職業訓練校で勉強していたと言えるだけでも
違ってくるはず

座学の授業はかなりのハイペースで進んでいく
製図などやったこともないので
ついていくのに必死だ

意外と坦々とこなしていく人たちもいる
少し私は理解したりするのが遅いのかもしれない

早くも挫折しそうになっていたが
本当に学生のような感じで勉強を皆とするので、
分からないところを教えてもらったりと
なかなか新鮮だった

学生の頃、そんなことをしたことがなかったからだ

とにかく座学が終われば
CAD
パソコンを使った授業がある
それまでは頑張ろうと思っていた

久しぶりの規則正しい生活を送っていった

が、疲労感と眠気がとれないままだった
やはり薬を飲みながらだから
仕方ないと思っていた

家に引きこもっていた時は
一日の大半を寝て暮していた
家にいて何もしていないから眠くなるんだと思っていた
だが毎日、規則正しく生活してもまったく改善しない・・・

家に帰ると夕食までの間、
仮眠をとることもしばしばあった

N先生に相談してみることにした


お帰りの際はポチっとお願いします☆ランキングに反映されます
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル日記へ     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。