転落する人生 一寸先は闇 なんでこうなった?必死に這い上がろうともがく日々

スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


お帰りの際はポチっとお願いします☆ランキングに反映されます
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル日記へ     
あれから3ヶ月
2015年10月31日 (土) | 編集 |
もう一度、最後の社会復帰への再挑戦して、
3ヶ月ぐらいが経った

派遣の仕事を何とか続けている

目標は今年いっぱいは続けたい

給料は少ない

でも毎日、続けて出勤して
仕事をすることが出来るようになるのが目的なので
構わない

体調不良で仕事を休んだことも
今の所はない

主治医のN先生も驚いている

多分、すぐ辞めてしまうのではと思っていたのかもしれない

働き始めた時は体調が一番悪い時だったのに
無理やり、焦って思いつきで働き始めてしまったからだ

私自身、驚いている

うつ病になって6年以上経つが、
調子は一番いいんじゃないかとも思う

薬の量も現状維持で対応できている

仕事場の環境がよかったのと、
周りの人たちがすごくいいんだと思う

そして、私自身もキャラクターを作って
明るく振舞っている
誰とでも仲良くできるキャラクターを演じている

深く考えずに、いつクビになってもいいやぐらいに
思いながら仕事している
すごく気持ちが楽だ

来年も仕事が出来ていればいいなぁ

そして、薬も飲まなくてもよくなればいいなぁ

正社員の職につければいいなぁ

欲深いかな・・・

人並みの40代になりたい
スポンサーサイト


お帰りの際はポチっとお願いします☆ランキングに反映されます
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル日記へ     
初めての派遣会社
2015年10月11日 (日) | 編集 |
仕事を辞め
やや長期間のブランクが出来てしまった私は
面接時の対策として派遣会社に登録し
工場派遣へと行くことにした

理由は面接時に
「安定した正社員の職に就きたいからです」を言いたいがため

求人広告を見ていて
謳い文句は
「誰でも出来る、簡単!未経験者歓迎!」だ

派遣会社に電話をし、
面接に行く、即派遣先へと連れて行かれ
採用となった

一応、大企業の工場での作業となった

次の週の月曜日、出勤初日
少しの残業はありますとの事だったが

初っ端から4時間残業

なれない工場での作業で
ふらふらだ

印刷会社とは違うしんどさを味わった

派遣先の社員の人から
「明日、もう来ないってことないよね?」と冗談交じりで言われ
初日を終えた

半年以上は続けると決めていたので
辞める訳にはいかない

いきなり筋道が崩れてしまう

必死で仕事を覚えていた
教育担当の社員の人がよくしてくれたので
環境は良かったと思う

1ヶ月が経とうとするころには、
ペースもつかめ定時終わりで帰れる日も多くなり
社員ではないので、余計なことまで考えなくていいので
気持ちの面でも余裕が出来てきた

そして半年が経ち
なんとなくダラダラと続けていた時だった

マスコミでは「派遣切り」という言葉が飛び交うようになっていた

工場内でも製品の減産により
生産ライン自体が減ってきていた

休憩時間に派遣社員の人たちが
「今月で更新終わりで辞めないとダメだ」とか
そんな声がチラホラ聞こえ出していた

そして私の生産ラインに・・・

私が担当していた作業は別のラインにいた正社員が
入ることになり私はその引継をしていた

私は教え終わると一応、派遣社員から
請負の社員へと変わることになっていた

派遣会社が請負もやっていたのだ
隣のフロアに異動だった

待遇は変わりないとのことだ

しかし、大企業の社員から教わるのとは違い
派遣会社の請負社員から教わるのだが

これが酷い

どいつもこいつも
話にならなかった・・・

「あぁダメだ・・・」

いい切っ掛けになった
当初の目的を実行へと移すことにした

派遣会社に辞めたい趣旨を説明する
するとすぐさま
派遣社員として違うラインへに異動を提案された

どうやら派遣先の社員からは評価がよかったようだ

一瞬、まだ何も就職先が決まっていない私は迷ったが
派遣先での再採用を断り

なんの当てもないが派遣会社を辞めた

何故か妙な自信だけはあった


お帰りの際はポチっとお願いします☆ランキングに反映されます
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル日記へ     
もう一度、火をつけろ
2015年10月10日 (土) | 編集 |
激務によって、気力を失い
印刷会社を辞めた

もうデザインの仕事はやる気にならなくなっていた
というか仕事にはしたくなかった

約6年間の勤務、前準備を合わせれば
10年以上を全速力で走りぬいた感じがして
抜け殻のような状態だった

しばらくは、休養することにした

お金は使う時間がなかったので
それなりの貯蓄はあった

ギャンブル、タバコ、酒はしない
自分に使う月のお金と言えばCD、DVDや雑誌ぐらいだったからだ

高い買い物といえば、家と車ぐらいだ

とにかく欲しい物を買ったり
やりたくても出来なかったことをしようと思ったが、

少し車をいじったりしていたら満足して飽きてしまった

なんとなくだがハローワークに通い
次の仕事をなんとなく探しながら過ごす毎日

私に出来そうな仕事はMacを使った仕事ぐらい
結局、前職と同じような仕事内容だ

しかも前職の印刷会社はその地域では
一番大きい会社で、求人でみる印刷会社やデザイン会社は
取引先や下請け会社ばかりだ

なんとなく想像できてしまう現場

どの会社もこの業界は長時間労働だろうと・・・

2社ほどライバル会社に受けにいった
すぐ採用となった
残業はやはり長いようだった

これで再就職しても
給料も下がる
会社の規模も小さくなる
なんで辞めたのか分からない状態だった

その頃の私は
工場は勤務時間が決まっていて
休みもしっかり取れるという
浅はかな考えをしていた

そこで工場に勤めようと思い
印刷会社の採用を辞退した

まったくの他業種からの転職なので
厳しい就職活動になるかと思った

対策として、面接での
前職の辞めた理由の言い訳からの
自己PRや志望動機のテンプレートを10パターンぐらい考え
その組み合わせで対応していくことにした

ちょっとした筆記テストや作文なんかもある会社もあったので
さらっと勉強をして、作文も口から出まかせの
テンプレートの作文を作り
少し変えれば、どうとでも対応できるような文章を暗記した

4社ほど受け2社内定をもらった

その中で条件がよさそうな会社に就職することにした

生産管理の仕事だったと思う

何故、曖昧かというと3日で辞めてしまったからだ
3次面接まであった会社だったのだが・・・

自己管理が出来ていなかった私が悪い
入社前日から39度ほどの夏風邪を引いた状態で
初出勤し意識朦朧としていたのと、
直観で私に合わないと思ってしまったからだ

そこから、また、しばらく休養することになった

まったく、やる気が起きないのだ
灰になった感じがまだ続いていた

もう一度火をつけるモチベーションが何もなかった

燃え尽きてしまっていた

そうこうしているうちに夏が終わり、
年が明けてしまった
仕事を辞めてから9ヵ月が経ち

もうすぐ春が来ようとしていたころ
面接に行くと、
「辞めてから何をしていたんですか?」という質問に嫌気が差してきた

そこで、派遣会社で半年以上、働いてから
「安定した職に就きたいから」という理由を作りたいがために
工場派遣へ行く事にした

なんとなくだが、これで筋道は立てられると考えた


お帰りの際はポチっとお願いします☆ランキングに反映されます
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル日記へ     
最高記録だ
2015年10月04日 (日) | 編集 |
正社員の仕事をうつ病で辞めてから
6年が経ったていて

今年の8月から
派遣の仕事を始めて二ヶ月が経った

これは私にとって最高記録なのだ

何度か正社員、アルバイトや派遣の仕事をしたが
体調不良ですぐに辞めてしまっていたのだ

この10月は乗り越えられるだろうか・・・

8月はお盆休み、9月はシルバーウィークがあり
なんとか体調の持ち直しが出来たからだ

頑張って、仕事には行っているが
まったくしんどいのは変わらない・・・
眠い・・・吐きそうだ

今までの経験からして
普通はそろそろ慣れてもいい頃だと思うのだが
まったくなれない

そんなにめちゃくちゃハードな仕事をしている
わけではないのだけども

毎日クタクタだ
休みの日は寝て過ごしている

ただ仕事は年末にかけて忙しくなってくる予定だ

でも、今のところ契約は11月で終わりだ
更新があるのかどうかは
まだ分からない

仕事が出来ないから契約打ち切りかもしれないけど、
行けるところまで行こうと思う

心療内科のN先生も
「やれるところまで頑張ってみましょう」との意見だ
薬も現状維持でやっていく

最高記録を伸ばして
少しでも自信になればと思うから


お帰りの際はポチっとお願いします☆ランキングに反映されます
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル日記へ     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。