転落する人生 一寸先は闇 なんでこうなった?必死に這い上がろうともがく日々

限界がくる-3
2015年06月18日 (木) | 編集 |
私の担当している製造機械はだれが担当するのかを聞いた
Y山は自分が担当すると言った

しばらくは両方、Y山も手伝うので
K下さんの引き継ぎをしながらやってくれという話になったのだが、

案の定、1週間もすれば、そんな話はなくなっていた

そして、2課の検査に関する仕事は、
ほぼ全部を把握しなければならない事になった

これで、誰が休んでも私が検査できればなんとかなるなぁと、Y山は言っていた

Y山は、とにかく気分屋で言ってる事がころころ変わる
まともに話しが出来ない

結局、まるまる一人分の仕事量が増えただけだった
話し合いはなんだったのだろ…
私が甘いのだろうか?
仕事ってこんなものなのか?

もう考えることをやめた…

Y山から検査の仕方を説明され、分からないところを聞く
「こんなのも分からないの?」
小ばかにした態度で、うんちくを垂れる

「はい」
「分かりました」
「すみません」
をリピート

私のやり易いやり方で仕事を進める
Y山「ホントに大丈夫なの?不良品でない??」

最終的に問題なく時間内に仕事が終わるんだから、
結果がよければいいんじゃないのか?と思ったりもしたが、
もう反論はしなかった

ならばY山の言う通りに事を進める
「自分で考えようとしないのか!」
「なんでも、はい、はい言ってるだけじゃダメだ!」

どうすれば、あなたに納得しもらえるの??

「すみません…」
「はい」
「分かりました」

「すみません…」
「すみません…」
「すみません…」
「すみません…」
「すみません…」

もう死のうと思った


休職願編へ→


お帰りの際はポチっとお願いします☆ランキングに反映されます
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル日記へ     
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可