転落する人生 一寸先は闇 なんでこうなった?必死に這い上がろうともがく日々

休職願を出す-3
2015年06月26日 (金) | 編集 |
総務部がある事務所に入る
皆、受付や事務の仕事をしている
あまり普段も行く事もなかったので、少し緊張しながら総務へ

T枝さんはU宮さんに休職願と診断書を渡し
少し話をしてから仕事のため事務所に戻っていった

私はT枝さんに頭を下げ見送った

総務部長のU宮さん、
すごく 面倒見がいい人だ

でも何故か、周りの人たちからの評価は
仕事が出来ないや、あの人は頼りないからダメだとか言われていた

U宮さんは、隣の県から通勤している
もともとは隣の県にある営業所の営業として採用され
工場のあるここの総務部長として異動になったそうだ

U宮さんとは、よく昼休み食堂で話しをする機会が多かった。
いつも決まった隅っこの席に座って奥さんが作ってくれた
お弁当を食べながら話をした
私も何故か落ち着く隅っこに座るのでよく会うのだ

そこで子供の話しや転職してきたばかりの私に仕事は大丈夫か?
など気にかけてくれていた
たわいもない世間話しなんかもしていた

そして、そそくさと食べ終えると歯磨きをして事務所に戻っていくのだ

とにかく、みんな食べるのが早い、10分もすれば、半分以上いなくなっている

私はもともと食べるのが遅いというのもあるが、
すでに精神的に病んでいる状態だったので食欲がまったくなく、
事務所に帰って、Y山に会う時間が多くなるの避けていたので
休憩時間ギリギリまで食堂にいた

そして、歯磨きをして気分転換するのだ
おそらく歯磨きをしているのは私とU宮さんくらいなんじゃないかと思う
みんな昼ごはん食べた後、歯磨きしないんだなぁなんて思っていた

昼ごはんを食べ歯磨きをするタイミングでT枝さんが食堂にやってくるパターンが
時間的によくあった

「おう、歯磨きずっとしてない?」
「たまたまですよー」

なんて会話もT枝さんとする

T枝さんは混んでるから空いてから食堂に来ると言っていた

私より遅くまで仕事をしてご飯を食べ仕事の続きをするため早く事務所に戻っていく
実に仕事熱心な方だ
私には真似できない

こういうことで休職願の相談するタイミングは、この時間だと
思うことになったのだ

総務部長のU宮さんと病気の話や、Y山のことなどを
会議室で話した

U宮さんはうつ病について色々調べていたみたいで、
「頑張れとか言ったらダメなんだよね?
う~ん、どういったらいいのかな?」
言葉を選びながら話をしていた

「あ、あまり気にしないで下さい」
心配してくれて、
「体調がよくなるようにしばらくはゆっくり休むんだぞ」
と言ってくれ会社を後にした

休職生活の始まりだ

休職中編へ→


お帰りの際はポチっとお願いします☆ランキングに反映されます
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル日記へ     
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可