転落する人生 一寸先は闇 なんでこうなった?必死に這い上がろうともがく日々

休職生活-2
2015年06月30日 (火) | 編集 |
ひきこもり、寝たきり状態から一ヶ月が経とうとしていた

でも、気持ちは少し冷静に戻りつつあった

会社を休職しているのを知っている人は
会社の人たち、両親、恋人だけだ

休職中、恋人からのメールは頻繁に来ていたが、
その日のメールの内容は少し違っていた

「体調が良くなったら、海を眺めにでも行こう」と、

私はインドア派なので外には出たくないのだ
「気が向いたらね」と、返した

そらから更に数週間、心療内科へ通院しながら療養生活が続く
N先生からも無理しない程度に軽い運動、
ウォーキングなんかも出来るならした方がいいとアドバイスはされていた

確かに1日の大半を布団の中で過ごしているので
体力的にもかなり落ちているのが自分でも分かっていた
でも、まだ何かをするのには精神的に無理だった

家では何も考えずに、ぼっーとしている
薬でぼんやりしている感覚もある

そんなある日、なぜだか
その日は外に出てみようと思った

少し、外に出れそうな気がした
2009年8月の下旬
まだまだ暑い日だった

恋人に電話をして話をしたら会うことになった

何故か、釣り具店に連れて行かれ
店員さんに初心者でも扱えそうな
お手頃価格のお試しセット的な竿と仕掛けを選んでもらって買った

サビキという釣り方で釣りをすることになった

海眺めるだけじゃなかったの??
釣りなど、いまだかつてしたこともない

海に行き堤防に行くと、沢山の人が竿を出して釣りをしていた
夏休みということもあってか家族連れが多くいた

久しぶりに嗅ぐ潮の香りと海を見て
なんだか少し楽しい気分になった

恋人から仕掛けの付け方や釣り方を教えてもらいながら
竿を出す

初めての経験で更にわくわくした気持ちになってきた

しばらくすると竿に当たりがきて、
急いでリールを巻く

イワシが釣れた

人生で初めて魚を釣った

ここ数年、いつも何か頭の片隅に考えることがあり
純粋に何かを楽しむということがなかった

単純に楽しかった

恋人は私から外に出てみようと思うという言葉を待っていてくれていたんだ
無理やり外に出すんじゃなく、自発的に行動しようとするのを待ってくれていた

恋人もまたこちらの想いが分かる人だから…


お帰りの際はポチっとお願いします☆ランキングに反映されます
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル日記へ     
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可