転落する人生 一寸先は闇 なんでこうなった?必死に這い上がろうともがく日々

スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


お帰りの際はポチっとお願いします☆ランキングに反映されます
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル日記へ     
マイナスの考え方でプラスにする
2015年07月05日 (日) | 編集 |
昨日は久しぶりに長時間の運動をしてみた
運動といっても電車に乗って遠出をして
都会に出てウロウロと店をまわったりすることなのだけども

9時間ほど外に出てみた
フルタイムで働いている人たちからすれば
なんだそんなこと?!
舐めているのか?と言われるだろう

いまの私にはこれが限界かもしれない
途中で休憩しながらでも

夜中、発疹が数か所でき痒くなってきた
焦った…
また酷い蕁麻疹になる予感がして
すぐに、この前、皮膚科でもらった薬を塗って様子をみながら眠った
やはり疲れると出るみたいな気もする


私は人ごみに混ざるの嫌いではない
どちらかといえば好きな方だ
都会の活気がある雰囲気でテンションが上がる

日頃、家にひきこもり、寝たきりなので、
その分、家に帰ると反動ですごく疲れるのだが

無職、無収入になると、お金を使うのにためらいが出る

心理的にも働いてもいないのに遊びにお金を使うのは
罪悪感でいっぱいになるのだ

何か悪い事をしているような気になる

おもいっきった行動がまったく出来ず、
なるべく家から出ず、ひっそりと質素な暮らしをしてしまう

それが悪いわけじゃないけれども、
精神的にも弱気になってしまい、更にひきこもりや不安感を悪化させてしまう

負のスパイラル

幸い私は借金もなく、お金を使う時間もないくらい働かされていた時期があり、
多少の貯えがあった

ある時、思ったんだ
普段はうつ状態、寝たきり、いろんな所の不調
そして、ひきこもり生活

なんて、つまらない人生
何の為に、頑張ってやってきたんだ…と、

順風満帆に働いて人生を送っていた時は、未来のことについて考えていたものだ

今、精神的に安定を保っていられるのは考え方を変えたからだ

「どうやって、これから生きていくか」という考え方を止め
「どうやって死ぬか」という考え方に変えた

最悪、死んだらいいや、それで終わると思い生きている

この考え方は、すごくダメかもしれないが、
未来、この先のことを考えてしまうと
精神的に崩壊してしまうのだ
うつ状態が悪化してしまう情緒不安定が止まらない

「やってダメなら、死のう」
そう思うことで、すごく楽になれた
解決できない現状からの精神的な苦痛から解放された

この考えは心療内科のN先生にも言っていない

だから体調のいい日は、どこかへ出かけたりすることに積極的になった

会社に行っていれば、行きたいところがあっても
仕事中心の生活で、なかなか思うようにはいかないだろう

いまは時間だけはある
これはある意味チャンスではないかと思うようにしている

時間を無駄にしたくないし、悔いが残らないように
やっておきたい事はお金の事は気にせずやる

浪費ではなく欲しい物は今の自分に必要な物かどうかを
ちゃんと見極めて買う

元気になれば、その使った分を働いて取り返せばいいと思って日々をおくる

そう思うことで自分自身を納得させている

間違っているのかもしれないけど…
それしか今は思いつかない


お帰りの際はポチっとお願いします☆ランキングに反映されます
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル日記へ     
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。