転落する人生 一寸先は闇 なんでこうなった?必死に這い上がろうともがく日々

印刷会社-2
2015年07月10日 (金) | 編集 |
広告会社の年末は地獄だ

クリスマス、大晦日、お正月とイベントが立て続けにある

小売業や飲食業はもちろん、沢山のチラシや広告、ポスターなど
いろんな業界からの依頼が舞い込む

かきいれどきである

会社は年末年始は休みなので、
必然的に納期はタイトになる
しかも凄まじい量のチラシを捌いていかなくてはならない

私の部署の担当クライアントは某大手小売業だ
小売業は値段や品物の変更が多い
ギリギリでの修正は当たり前なのだ

クライアントからは、チラシ広告の修正、やり直しは普段より多くなる
売上を左右する重要な月でもあるから仕方ない

会社全体がドタバタの現場になるのだ

私の部署は女性が中心の現場で女性リーダーFが仕事を仕切っている
そして女性リーダーFの怒りを買うことになる

12月中旬に入ると徐々に現場はピリピリとしてくる

ヒステリックSの経験からなるべく穏便にトラブルにならぬように、
意識的に注意しながら入社当初から仕事をしていた

私はどうも、偉そうなヤツ、理不尽なヤツには
自分より立場が上でも反発してしまう
どうしてもYESマンになれないのだ

そのせいで、損をしてばかりで学習能力がないのか?!と
自分でも思ってしまう

でも、印刷会社では猫をかぶったように大人しくしていた
逆に言えば何の意見も出来ない頼りない感じにも見える

女性リーダーFはそういうタイプは嫌いなんじゃないかと思う
ちょくちょく怒られていた
「はっきりしなさい!」的な怒られ方が多かったような気がする

仕事が忙しくなり始めたころ
私はクリスマス広告を制作していたのだが、

ほぼ、裏面の全修正をくらってしまった

優先的にクリスマス広告を修正しないといけない
しかし、レギュラーチラシを同時進行で制作する時間が
確実に足らない状況に陥ってしまった

まだ、レギュラーチラシのパターンを制作するしか、
経験がない状態だったので、特殊なクリスマス広告の制作はハードルが高かった

リーダーのFはイライラしていた
「ねぇ!クリスマス広告とレギュラー同時に出来ないの?!無理なの??」
リーダーFが語気を荒げた

私も必死でやっている
「あ、はい、やります!やっています!」
少しキツめの口調で言い返してしまった

しかし、営業担当は「新人にクリスマス広告をやらせるのはまだ早い」と
ようは実力不足だということだ

結局、クリスマス広告はリーダーFが引継担当することになった
「早く!部品データと写真データ全部送って!」
「あ、わかりました…」
申し訳ないと思いつつ
レギュラーチラシを制作していく

それから、リーダーFから広告制作の指示がなくなった
全員分の原稿整理と文字打ち、写真集めなど、
前段階の作業だけになった

また全面修正ってことになったら厄介だからだろう
私は仕事を干されてしまった

しかし、そう長くは続かなかった
私一人が制作から抜けると他の人にしわ寄せがいくことにもなる

教育担当をしてくれたU田さんが、
リーダーFに何故、私をチラシ制作から外しているのか?と問い詰めていた
他の人も一緒になって抗議していた

「レギュラーチラシならやれているし、もし何かあったら手伝うから」と
U田さんや他の人たちも言ってくれた

私は他の同僚の人たちとは仲良くやっていたので
リーダーF以外を味方に付けることに成功していた

しぶしぶ、リーダーFは元の制作パターンに戻すことになった

しかも修正が返ってきた時に、本当に一緒に残って手伝ってくれた
優しすぎる人たちだ

すごく申し訳ないのである程度出来ると、
「後は一人でやりますので先に帰って下さい」とお願いしていた

そんなこんなで、年末年始の休みまで、
残すところあと1週間になろうとしていたころ
会社全体の仕事のピークがやってくる


朝、出勤し会社の営業部のフロアを通って企画デザインのフロアへ行く途中で、
どこか見覚えがある顔が…

Macスクールで一緒だったHさん?!


お帰りの際はポチっとお願いします☆ランキングに反映されます
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル日記へ     
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可