転落する人生 一寸先は闇 なんでこうなった?必死に這い上がろうともがく日々

悪化していく
2015年08月09日 (日) | 編集 |
Hさんのパニック障害とリストカットを知ってから
ちょくちょく悩みごとなどを電話やメールで聞いていた

心細いのか凄い寂しがり屋さんになってしまい
あの自信に溢れた言動はもうなくなっていた

印刷会社の仕事は、
徐々に雲行きが怪しくなってきていた・・・

そんな忙しい合間を縫って、
HさんとMacスクールがある街で会っていた

旦那とは顔も合わせたくなく、
家庭内別居状態だそうだ

そして、大量に薬とお酒を飲み、
ラリっている状態で浮気相手に直接電話をして
喧嘩をしたりしているという

若干、言っていることが支離滅裂な感じで話すことも多くなってきていた
拒食症も併発しているのか
身体も痩せ細ってしまっている
触ると折れそうだ

食べては吐くの繰り返しで
毎日、アルコールを浴びるように飲む

パニック障害、リストカット、オーバードース(OD)
摂食障害、アルコール依存症

もうHさんの精神状態は滅茶苦茶だ

そんな毎日を送っているなかで
たまに私と居酒屋で話をするのが
寂しさを埋める時間であり、癒しの時間でもあるそうだ

だが、私と会って楽しい時間を過ごした後、
また一人ぼっちの新居に帰ると
反動で、より一層メンタルの落ち込みが激しくなっていた

もしかして境界性人格障害でもあるんじゃないかとも思う
調べてみても症状がほぼ当てはまるのだ

もうそんな状態が続くなら
離婚して実家に戻るとか出来ないのか?と思ったが、
そこまで、他人の人生の決断を
正常な精神状態でないHさんに言うのはどうかと思い言わなかったが、

Hさんと会う機会が増えて
情が移ってしまっていた
私は、もう後戻りが出来ないところまできていた

ある夜、電話がかかってきた

Hさんも気を使っていたのだろう
私が毎日、残業で遅く帰ってきて
寝る時間もあまりない状況なのを知っていた
なので、夜中に電話が鳴ることはなかったのだが

その日は違った

泣きながら、ろれつも回っていない
旦那と何かあったのだろう

Hさんは旦那ともう一度よりを戻したいのか?
もう別れたいのか?
聞いてみた

「旦那は家にもたまに帰ってくるぐらいだし
とにかく、もうこんな状態でいるのがイヤだ」と

私は実家に帰って療養することをすすめた

どこまでが本当か分からいが
両親とはあまり仲が良くなく姉妹が知的障害で
自分がこんな状態で戻ることなんて
両親に負担がかかり迷惑になると言って
頑なに拒否した

たとえ負担がかかっても我が娘がこんな状態になっているのを
迷惑と考える親もいるのかと思ったが
いろんな家庭の事情があるのだろう

私のように平凡だが恵まれた家庭環境で育った訳ではなく、
どうも複雑な家庭環境で育ったようだったので
強くは言えなかったが

両親には今のHさんの状況は報告すべきなんじゃないかと言った

そこから、物事が少し進展することになる


お帰りの際はポチっとお願いします☆ランキングに反映されます
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル日記へ     
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可