転落する人生 一寸先は闇 なんでこうなった?必死に這い上がろうともがく日々

依存
2015年08月24日 (月) | 編集 |
パニック障害に加え、旦那の浮気で精神的に崩壊したHさん

都会の新居のマンションから一旦、実家に帰ってくることになった

ただ、実家にも家庭の事情であまり長くはいれないとのことだ

Hさんの実家は私の住んでいる隣の市なので車でもすぐ行ける距離、
電車でも10分ほどだ

印刷会社での仕事も徐々に時代の変化で
長時間労働が日常化していた

その合間を縫って、時間が空けばお互い連絡していた
情緒不安定なHさんを何とかしてあげたい気持ちがあった

Hさんは離婚を考えているようだったが、
一歩踏み出せないでいるようだ

旦那の事は気持ちが悪くなるほど嫌いと言っているが、
左手の薬指の結婚指輪は外していない

まだ、少しでも気持ちがあるのかもしれない
やり直せるかもしれないとの思いがあるのかもしれない


毎日、私の仕事が終わるのが深夜2、3時
早く終わっても24時ぐらいという日が続くと、

Hさんは寂しい気持ちを紛らわす手段は
アルコールを飲むことだ

電話での会話も意味不明、同じことを何度も言っている状態で、
途中で寝落ちしてしまう

「この子ダメなんじゃないか・・・」と思うこともあった

それでも、私のたまの休日にはHさんと気分転換に、
疲れない程度に街をブラブラしたり
プリクラなんかを撮ったり、カラオケで歌い続けたり
ストレス発散をしていた

傍から見れば、普通の恋人とのデートのようだ

本当はかなり複雑な関係になってしまっていた
もう友達ではない関係

Hさんは私のことを好きだと告白してきた
でも既婚者・・・

返答は濁してしまった

私も徐々にではあるが好きになりつつあったのかもしれない
押しに弱いところがある

Hさんは私に遊ばれているのかと不安になり、
また情緒不安定を爆発させる

いわゆるメンヘラ特有の言動が多くなってきていた・・・


お帰りの際はポチっとお願いします☆ランキングに反映されます
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル日記へ     
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可