転落する人生 一寸先は闇 なんでこうなった?必死に這い上がろうともがく日々

スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


お帰りの際はポチっとお願いします☆ランキングに反映されます
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル日記へ     
虚無感
2015年09月30日 (水) | 編集 |
営業部への異動の辞令が出た
次の日、
室長から直々に異動の話をされた

その日、家に帰りながら想像した

本当に期待されているのか?
それとも追い込んでいるのか?

でも、営業をやるだけやってみて
ダメならそれから考えようかな・・・とは、

ならなかった
もう、抜け殻のような状態で
今一度、何かを始める気力がなかった

今まで突き動かしていた怒りの力もなくなっていた

心は無だ

しばらく休みたい・・・もう疲れた・・・

そう思った

31歳の年、入社して6年目だった

嫌なことも多かったが、好きだったデザインの仕事が出来た
Macを使って色んな最新ソフトもいち早く手に取ることだって出来た

まったくの実務未経験者だった
私が学生時代からやってみたい職業にもつけた

最後、自分で決めた決め事も守り抜いた
もう十分満足した

退職願を書く

デザイン部の統括マネージャーSさんに退職願を提出した

考え直すことを何度も言われたが、
体調不良で続けられないとして
受理してもらった

他の何人かにもメールや電話で
何も辞めないでもいいんじゃないか?という事も言われたが、
もう退職願が受理されてしまっているからと言った

元の部署の人たちにも送別会をしてもらった

仕事は激務だったけど、一緒に仕事をした人たちは
いい人たちが多かったなと改めて思った

結局、長時間労働がネックだった
お金を貰ってもプライベートの時間もない仕事は、
私には続けられることは無理だった

印刷会社でのデザインの仕事は終わった・・・

何もかも失った
仕事も恋人も・・・

そして、しばらく休養することになる

再始動編へ→


お帰りの際はポチっとお願いします☆ランキングに反映されます
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル日記へ     
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。